グルタミンとは

グルタミンはHMBに似た効果があり、医学的な研究でも筋肉分解を最小限に抑え、たんぱく質の代謝を改善する働きがあると言われています。

それでは、筋トレやトレーニングにあわせて使用するにあたって、知っておくべきグルタミンの知識、効果、摂取方法を紹介します。

グルタミンは、体内でも合成されるので非必須アミノ酸に分類されていて、筋肉の中で一番多く存在するアミノ酸です。
骨格筋に61%以上含まれていると言われています。

グルタミンが他のアミノ酸と違うところは成分の19%が窒素からなるので、体内で窒素を筋肉細胞へ運ぶ働きをします。

窒素は体内で各種の生合成に必要な要素となるので、グルタミンが窒素を体内組織へ運ぶ役割はとても重要なんです。

グルタミンの成分と役割は?

アミノ酸の一種であるグルタミンは、L-グルタミンや2-アミノ-4-カルバモイル酪酸(2-アミノ-4-カルバモイルブタン酸)と長い化学名称でもあり、たんぱく質の生合成に必要な、生体のたんぱく質の構成ユニットとなる「a-アミノ酸」です。

グルタミンは炭素と窒素を体内組織に運び込み、エネルギーの回復に役立つグリコーゲンの再生を助ける働きをします。

グルタミンは腸内機能のサポートや免疫力を高めるための必要不可欠な成分でもあります。

グルタミンは骨格筋内に合成させた後、血流にとけて腎臓、肝臓や小腸、また免疫システムの細胞へたどりつき、重要な役割を果たします。

グルタミンは白血球が普通の免疫システム機能に成長することにも使われます。

筋肉が退化したり免疫力が低下していく難病患者(例えば癌やエイズをわずらっている)などは、体内でグルタミンの合成が機能していないので、サプリメントでグルタミンと他のアミノ酸を一緒に摂取します。

除脂肪体重(=体重ー脂肪の重さ)が減り始めたら、グルタミンが不足しているのかもしれませんよ。

また、グルタミンは体内で作られるので非必須アミノ酸と分類されていますが、体内でのグルタミンの役割は重大で消費量もかなり多いので準必須アミノ酸とも呼ばれ、食品などからの栄養素の摂取を薦められています。

ちなみにグルタミンを最も多く含むものは人間の血液。

食品だと加熱していない生卵、刺身や生肉に多く含まれます。
グルタミンは40℃以上の熱を加えてしまうと効果が半減してしまいます。

毎日、刺身や生卵を大量に取るのは大変ですし、生肉なんてなかなか食べられませんよね。

やはりグルタミンを効果的に摂取するならサプリメントのほうが簡単にできます。

グルタミンの効果

グルタミンの体内での重要な役目は、タンパク質の代謝、細胞増加、と分解抑制です。

グルタミンは人間の成長ホルモンの分泌を促進することで、体脂肪の代謝を良くし新しい筋肉増加を助けます

グルタミンの分解抑制機能は、筋肉の異化や老化を防ぎます
それ以外に、消化器官のサポート、免疫力と傷の治癒能力の向上にも効果があります。

これは減量したい人にはかなり役立つサプリメントです。

夏に向けて体脂肪を落とし、腹筋を6パックにしたい人は是非。

減量を考えて食事をコントロールすると筋肉がつき難くなったり、過激なトレーニングで体力が落ちて、体内の消化器官の機能も悪くなりがちです。
このような場合に、グルタミンの消化器官のコントロールと免疫力を向上する効果が役立ちます。

トレーニングや筋トレなどで過剰な筋肉を消耗すると、体内のグルタミンも消耗されるので、体調を崩しやすくなります。

ジムに通い始めたり、普段なれない運動を始めたりすると体調を崩したことありませんか?
それは、まさに体内のグルタミンレベルが低下したからなんです。

グルタミンは、筋肉強化するためだけに必要なサプリメントではなく、体づくりの基礎となる体調管理にも効果ありです。

グルタミンの要点・ポイント

  • たんぱく質の合成にかかわっていること。
    体内のほかの細胞にグルタミンを提供することで筋肉中のたんぱく質分解から防いでくれる。
  • 細胞増加や細胞水和の維持、火傷や外傷の治癒や回復を促進してくれる。
  • サプリメントを摂取していれば、激しいトレーニング中にグルタミンのレベルが低下してもグルタミンを補うことができる。
  • 成長ホルモンレベルを促進させることが可能か、というリサーチから、2グラムのL-グルタミンは成長ホルモンを400%増加させるという結果が得られている。
    (https://www.powertoexplore.com/human-growth-hormone-hgh/)
  • 免疫システムを向上させる効果があるので、特に重量挙など筋肉に負担がかかり、グルタミンのレベルが低下しがちなボディービルダーにはとても重要。
    (グルタミンは免疫システムにとって主要のエネルギー源なので)
  • もっとも重要な腸内の栄養素の一つでもある。
    腸内の状態を完全に維持するので下痢症状などを治す効果がある。
  • 胃潰瘍も直すことが可能!
    グルタミンを一日1.6グラム摂取したところ50%が2週間で治り、92%が4週間で治った、という研究結果がある。
    (http://www.digitalnaturopath.com/cond/C196137.html)

グルタミンの摂取方法

グルタミンは常に体内に存在しているべき栄養素です。
筋肉増加を目標にしている場合は、一日2-3回、10~15グラムが薦められています。

一度の摂取量は5g程度。
朝、筋トレ後、就寝前の各5gの一日15グラムの摂取方法が一番効果的です。
多くの筋トレ愛用者はこのパターンを利用しています。

グルタミンの難点は、水に溶けにくいことです。

水に溶けにくいからと言ってプロテインシェイカーで、プロテインに混ぜてシャカシャカしたり、長時間水に入れてしまうと「グルタミン酸」と成分も変わってしまう曲者。

一度の摂取量は5gで小さじ一杯なので、直接口に入れて水で流し込む方法が一番効果的です。
いわゆるビルダー飲みと呼ばれる飲み方です。
粉薬を飲むのと同じ飲み方。

また、他のプロテインサプリメントと併用する場合は、既にグルタミンが成分に含まれているものが多いので、成分表記を確認してから使用することを薦めます。

グルタミンの安全性・副作用は?

サプリメントを摂取する際に考えられる副作用。

今までの研究結果において、グルタミンに重大な副作用があるという結果はあげられていません

と言うのも、もともとグルタミンは人間の体内で自然と生合成される栄養成分なので、体外から取り入れても特に問題はありません。

しかし、何事にもサプリメントであるだけに、過剰摂取は絶対に良くないです。

グルタミンの過剰摂取は胃に負担がかかるので、使用上の注意を守って摂取してください。

グルタミンまとめ

グルタミンはもともとボディービルダー用に開発されたサプリメントですが、その効果はボディービルダーだけではありません。

そもそもグルタミンが体内で作られる成分であるので、筋トレやトレーニングがルーチン化しているならば、体内のグルタミンレベルが低下します。そこをサプリメントで補うといいという考えです。

タンパク質分解抑制、成長ホルモンの分泌増加、筋肉の強化などに効果があると思われがちですが、それと同様に免疫力を高めたり消化器官のコントロールもするのがグルタミン。

体調管理にも効果的なので、人によっては風邪薬の代わりとして摂取したりもするそうです。

HMBにもよく似た効果がありますが、それ以上に人の体に必要不可欠な栄養成分ともいえるのがグルタミンです。
体の基礎を作るためにグルタミンは重要な成分です。

HMB実力人気ランキング

スクリーンショット 2017-06-16 14.22.46 1

Contents1 HMB・クレアチンのサプリが人気2 HMBの効果とは?3 クレアチンの効果とは?4 BCAAの効果とは?5 HMBサプリメントの選び方5.1 主要成分と配合量を見る5.2 コスパを ...

更新日:

Copyright© HMBサプリと筋トレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.