HMBサプリの特徴・メリット・デメリット

アメリカでは90年代からボディビルダー界で注目されてきたHMB。

そのHMBサプリが日本に遂に上陸し、今話題となっています。

オールインワン系HMBサプリメント市場には多くの企業が参入し、現在は10種類以上の商品があります。

そもそもHMBのサプリはどんなものなのか

プロテインやBCAA・クレアチンなどの筋トレ系サプリはたくさんありますが、その中でHMBサプリを選ぶメリットは何なのかを考えてみます。

そもそもHMBサプリとは?

HMBサプリとは、HMBを主成分としたオールインワンサプリです。
筋肉増加・強化の効果があるので筋肉サプリ・筋トレサポートサプリなどとも呼ばれます。

HMBの効果は以下。

  • 筋肉を使うことで起こる、タンパク質分解を抑える
  • タンパク質合成を増加する
  • 免疫システムを向上する
  • 除脂肪体重を引き上げる(体脂肪を燃やす)

筋トレと合わせてHMBを摂取すると筋肉合成の効果を最大にしてくれると言われています。

no image
HMBとは

筋トレをしているあなた、ジムへ通っているあなたなら聞いたことのあるHMB。 HMBとは必須アミノ酸ロイシンの活性代謝体として、筋肉たんぱく質の分解を少なくするもの。との説明で解るでしょうか? 栄養学や ...

続きを見る

HMBサプリとして市場に出ている商品の多くが、主成分のHMB以外にBCAA・クレアチン・グルタミン・EAAなど、筋肉に効果的な成分を7種類以上配合しています。

HMBサプリのメリット

プロテインより即効性がある

HMBサプリはプロテインなどと比べて、体内に入ってからの即効性があります。

HMBはプロテインに比べて分子が微粒です。

HMBはプロテイン(タンパク質)が分解されてアミノ酸になり、アミノ酸の一種のロイシンが体内で代謝されて出来るものです。

プロテイン>アミノ酸≫ロイシン≫HMB≫筋肉へ吸収

筋肉に吸収される直前の状態なのがHMBですので、プロテインを飲むよりもダイレクトに筋肉にアプローチするのできます。

カラダがアミノ酸を必要とするトレーニング前後にHMBが体内に補充されていると、筋肉へのダメージが抑えられて筋肉増強に繋がります。

飲みやすい

アミノ酸系のサプリメントはパウダー状のものが多いです。

パウダー状のサプリの特徴として

  • 不味い
  • 面倒くさい
  • 水に溶けない

などと、単純に飲みにくいです。

しかし、HMBサプリは錠剤(タブレット型)です。

  • 持ち運びがしやすい
  • 水があればすぐ飲める
  • 溶かす手間が無い
  • タブレットを飲み込むので、
    不味くて飲めないということもない

いままでプロテインの味が苦手だったり、シェーカーを使うのが面倒だった人にはうれしいですね。

タブレット型は単純に便利です。

低カロリー

プロテインは1杯あたりおおよそ120kcal程度。

対して、HMBサプリは一日摂取量のカロリーは10kcalほどです。

ダイエットの為にカロリーを制限する場合でも、ほぼ無視していい程度のカロリーです。

摂取量の調節が簡単

HMBの一日推奨摂取量が1000mg~3000mgと言われています。

例えば、A社のサプリは4粒にHMB1500mg配合されているので、3000mg摂取したい場合は8粒飲むとHMB3000mg毎日取れますね。

粉状のサプリのように、わざわざ量や重さを測って調節する必要がないので、個人差やタイミングによって必要な量を調節して飲むことができます。

デメリット

成分量あたりの価格が高くなる場合がある

HMBサプリには様々な成分が含まれますが、それぞれの成分の単品のサプリと比べると、量あたりの値段が割高になる場合が多いです。

これは、外食するより、食材を買い揃えて自分で調理した方が安いよねというのと一緒です。

自分で料理する手間の分、お金を払って外食をすると思えば多少の割高感も納得できると思います。

また、商品によって異なりますが、HMBサプリの配合成分は7種類〜15種類以上あります。

主成分HMBに、グルタミン、BCAA、黒胡椒、ブラックジンジャー、トンカットアリ、マカなど単品で全て揃えたらかなりの金額になります。

たぶん全部そろえたら数万円はかかるかも?

あと、キッチン周りがサプリだらけになって管理が大変だったりもします。

筋トレと毎日の継続が必要

HMBサプリは飲むだけで筋肉がついて脂肪が減るなんて夢のサプリではありません。

運動、筋トレ、トレーニングと併用してこそ効果があるサプリです。

ジムでトレーニングでも、家で腹筋、職場で休憩時間にスクワットでも、ちょっとした運動でいいので筋肉を使ってください。

トレーニングやフィットネスの効果を最大化するためのHMBサプリです。

また、トレーニングは筋肉の回復期間も必要なので毎日する必要はありませんが、HMBサプリは栄養補給が目的なので出来るだけ毎日摂取することが理想です。

体はトレーニングをしない日でも、筋肉の合成・促進、脂肪の分解・蓄積が動いています。
それを補助するため、HMBサプリは毎日飲みたいです。

飲むタイミングを「筋トレする日は運動の前後」と決める場合、運動しない日は忘れてしまうかもしれません。

その場合は、「寝起きに飲む」「食事と一緒に取る」などサプリを飲む習慣づけをしてもいいですね。

お試し販売・試供品が無い

HMBサプリにはお試し販売・無料の試供品などがありません。

そのわけは、HMBは薬ではないので効果が短期間で実感できないからです。

栄養補助食品なので体内から改善していく、という考え方に思考をかえたらわかりやすいと思います。

効果が現れるのも個人差があって数週間~数ヶ月といわれているので、約3ヶ月を目安に効果を期待していれば良いと思います。

試供品が無い代わりに、90日や120日間の返金保証が付いている商品が多いです。

効果があるか不安な人は、返金保証がある商品を選んでみてください。

まとめ

近年、ダイエットに関する意識が変わりつつあるなかで、男女ともに必要な筋肉があって引き締まったボディメイクが主流になってきています。

それならジムに通ってがんばるぞ!と思っている方、運動だけではアスリートやモデルのような引き締まった体になりません。
ならないことは無いですが、効率が悪いですね。

せっかく筋肉をつけたり、ダイエットを志して行う努力を無駄にしないよう、HMBサプリを試してみる価値はあると思います。

HMB実力人気ランキング

スクリーンショット 2017-06-16 14.22.46 1

Contents1 HMB・クレアチンのサプリが人気2 HMBの効果とは?3 クレアチンの効果とは?4 BCAAの効果とは?5 HMBサプリメントの選び方5.1 主要成分と配合量を見る5.2 コスパを ...

更新日:

Copyright© HMBサプリと筋トレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.